英語音読が続かない?初心者の方向けにトレーニングのやり方を紹介!

英会話を勉強する上で、中学文法と単語を復習することは重要ですが、それだけでは知識を知っているけど使えないという状態になりがちで、まだまだ英会話の実践では何も話せないに近い状況かと思います。

ではどうすれば良いかという話ですが、知っているけど使えない知識を使えるようにするためのトレーニングを行うことが重要です。その1つが、英語音読になります。

しかしながら、英語音読をつまらないと感じる方も多く、挫折してしまった方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、英会話の勉強を初めた初心者の方向けに、英語音読の効果とやり方について、紹介していきます。

英語音読の概要

英語音読は今までの勉強の中でも、中学や高校の授業の中で実際にやられてきた方も多いかと思います。しかしながら、単に音読をするだけでは、効果を出すことはできません。そこで、まずは英語音読とはどういったものなのかについて、説明していきたいと思います。

英語音読とは

音読

英語音読はご存知の方も多いかと思いますが、正しいやり方でトレーニングを行わないと、効果を得ることはできません。最も重要なポイントは、「文型や構造を把握している文を正しい文型や構造を意識しながら、何度も繰り返していくことで、語順を身体に刻み込む」ことになります。

くろ

つまり、構造を意識しながら簡単な文章を読むということ?
その通り!

しろ

この段階の英語音読の目的は、音を聞き取ることではありませんので、聞き取った音を音読するというトレーニングは不要です。予め英文や日本語訳を見た上で、どういった語順になるのか意識しながら音読することが重要です。

なぜ英語音読が重要なのか

理由

中学や高校で英語を学び、大学受験やTOEICなどの試験英語を通じて高度な英語を学びながらも話せない人の多くが、知っている知識を使える知識に変えるトレーニングを行って来なかったことにあります。英語を話す上では語順がポイントになりますが、意識してきた方は少ないのではないのでしょうか。

くろ

読む練習ばかりで、話す練習は全くしてこなかったね。
一つ一つ語順を意識して練習すれば、必ず使えるようになるよ!

しろ

英語は語順(配置)が重要になりますが、文型や構造に意識を向けて音読をトレーニングすると、頭から英語を理解する必要が出てくるため、徐々に英文を構造的に捉えることができるようになります。

MEMO
常に語順(配置)を意識していると、次第に意識しなくてもそれらを活用できるようになります。自転車に乗れたり、自動車を運転したりするイメージに近いかもしれません。最初は単調かもしれませんが、直ぐに効果は出ます。

注意点①:発音ではなく語順に意識を向ける

発音

中学や高校で行われてきた英語音読は、発音できないものを上手く発音することを意識して行われてきていると思います。しかしながら、英会話初心者の方が最初に身に付けなければならないのは英語の語順ですので、そちらに意識を向けることを意識しましょう。

くろ

発音は意識しなくても良いの?
できればベストだけど、まずは語順に意識を集中した方が良いよ。

しろ

「必ず主語を言う」「主語の後に動詞を言う」「動詞の後に目的語や補語が続く」「説明は後ろから行う」など、英語独特の語順を意識しながら、何度も音の出し入れを行うことにより、次第に語順に慣れていくようになっていきます。

注意点②:難しいものではなく簡単なものを音読する

簡単

上で見てきた通り、この段階で重要なのは語順の感覚を身に付けることですので、自力で構造を捉えられるレベルの英文を音読することが重要です。

くろ

難しい英文でなくても良いの?
一度頭から英文を読んで意味を捉えることができないと、聞き取ることもできないよ。

しろ

時間をかけて長くて複雑な文を音読するのは、英会話においては不要です。初心者の方がまず身につけなければならないのは、構造を把握している平易な文を何度も出し入れすることです。そのために、「簡単な英文を正確に音読する」「できるまで何度も反復する」「数をこなしてあらゆるパターンに慣れる」ということを意識してください。

なぜ英語音読トレーニングは継続できないのか

英語の音読は重要だと言われることは多いですが、実際に音読を長い期間継続できる人はあまり多くなく、やってみたものの辞めてしまった方も多いのではないでしょうか。そこで、なぜ継続できないのか、その理由について説明していきたいと思います。

単調である

準備

英語音読トレーニングを継続することが難しい理由の1つ目は、音読が単調であることです。音読は、書かれたものを読み上げるだけのトレーニングとも言えますので、やっていて楽しいと感じる人は少数なのではないでしょうか。

くろ

勉強だから、やっていて楽しくないものだとは思うけども。
そもそも、音読自体があまり頭を使わなくてもできてしまうから、より楽しさが奪われていると言えるよ。

しろ

もし、創意工夫もなく、誰にでも簡単なゲームがあったとして、そのゲームを楽しいと思う人はいないでしょう。面白さを出すには、ある程度の難しさだったり、興味深いストーリーであったりといった要素が必要です。しかし、音読の多くはそういったものがなく、単に英語を声に出すことしかしていないため、修行のようなトレーニングになってしまいがちと言えるでしょう。

手間がかかる

準備物

英語音読トレーニングを継続することが難しい理由の2つ目は、トレーニングを開始するのに手間がかかることです。例えば、音声や教材を準備するのは手間ですし、声を出す環境を作ること自体が手間であるため、やろうと強く思わない限り、開始するのが難しいのではないでしょうか。

くろ

ちゃんと準備しないといけないっていうイメージがあるね。
そのイメージ自体を変えるようにしないといけないね。

しろ

障壁を可能な限り下げるようにしないと、なかなか着手できませんので、手間がかからず、手軽にできるというのは、勉強する上では重要なことです。しかしながら、多くの人がイメージする音読というのは、何かと準備があり、この点を改善する必要があると言えるでしょう。

効果を実感しにくい

弊害

英語音読トレーニングを継続することが難しい理由の3つ目は、やってみても効果を実感しにくいことです。効果を実感できたとしても、ある程度上手く音読できるようになったとか、前より聞きやすくなったといった曖昧なものが多く、またその状態に至るまでにある程度の期間が必要になります。

くろ

音読をやっていると、意味はあるのかなと思ってしまいがちなんだよね。
それは、効果を実感することができていないからだよ。

しろ

多くの人にとっては、やってみたものの効果を実感できず、途中で挫折してしまいがちです。効果が実感できないと、やってみて意味を感じなくなってしまうものです。効果を実感できるような仕組みを構築する必要があると言えるでしょう。

英語音読トレーニングのやり方を徹底解説!

いきなり英語音読をしようとしても、なかなか上手くはいきません。そこで、最初は簡単なものからはじめて、徐々にレベルを上げていくことが重要です。そのためにも、次のStepで進めると良いでしょう。

  • Step.1
    事前準備
    英文の意味と構造を把握しよう。
  • Step.2
    リピーティング
    英文を止めて文章を繰り返そう。
  • Step.3
    シャドウイング
    英文の後に文章を繰り返そう。

まずは内容を理解した上で、一旦英文を止めてトレーニングを行い、基本的な語順のリズムを身に付けた後、スピードを上げて英文を止めずにトレーニングを行います。

注意
英語音読のトレーニングを推奨しているものの中には、最初に英文を聞き取る(ディクテーション)のトレーニングを推奨しているものも多いですが、音を聞き取ることと、内容(語順)を身に付けることは別のことで、同時にトレーニングを行うのは非効率であると言えます。初心者の方は、まずは内容(語順)を身に付けることを優先すると良いでしょう。

①事前準備:英文の意味と構造を把握する

答え

単なる同じ音を発音する音読ではなく、同じ構造を繰り返すトレーニングですので、初めは中学レベルの英文も満足に音読することが難しいと思います。そこで、音読に取り掛かる前に英文を見て、先に構造や意味を把握するようにしましょう。

くろ

え?そんなことして良いの?
この段階は音を聞き取ることは注力しないから、気にしなくて良いよ。

しろ

その時に重要なのが、頭から英文を見た際に、構造や意味を把握できることです。この感覚が無い場合、まだ語順のルールが理解できていないと思いますので、1つ前のStepに戻って、中学英文法の復習を行うようにしてください。

MEMO
英語音読のトレーニングを推奨しているものの中には、最初に英文を聞き取る(ディクテーション)のトレーニングを推奨しているものも多いですが、音を聞き取ることと、内容(語順)を身に付けることは別のことで、同時にトレーニングを行うのは非効率であると言えます。初心者の方は、まずは内容(語順)を身に付けることを優先すると良いでしょう。

②リピーティング:英文を止めて文章を繰り返す

リスニング

次に「例文」という短くて簡単な文型で構成された英文を聞いた後に、同じ文章を発音するリピーティングというトレーニングを行いましょう。野球で言えば、見本を見せてもらった後に同じ動作を繰り返すことによって、自分のものにしていくようなイメージです。

くろ

簡単な文章だけども、実際に自分の口で発音しようとすると難しいね。
何度も繰り返して、とにかく慣れていくことが重要だよ。

しろ

この段階では、英語を聞き取ることは不要ですので、予め英文を見た上で、リピーティングに取り組みましょう。暗記するのではなく、「主語→動詞→目的語」といった基本的な流れや、疑問文の倒置など、日本語と違う部分を意識しながら何度も繰り返すことで、身体に覚え込ませて行きましょう。

MEMO
トレーニングを始めた当初は、語順がおかしくなったり、三単現のsを忘れたり、目的語が抜けるなど、基本的な部分でミスが多いかと思います。逆にこれらのミスが無くなり、すらすらリピーティングができるようになれば、次のStepに進んで良いと言えるでしょう。

③シャドウイング:英文の後に文章を繰り返す

音読

リピーティングができるようになった後で、英文を聞きながら少し遅れて同じ例文を繰り返すシャドーイングといったトレーニングを行うことで、より効率的に音読を進めることができるようになります。

くろ

スピードを上げていく感じかな?
より効率的に音読ができるよ。

しろ

なお、リピーティングがしっかり身についていれば、同じ文章をより早いスピードで繰り返すシャドウイングは容易にできると思います。そうでない場合はまだ音が身に付いていませんので、リピーティングに戻るようにしてください。

MEMO
時制、前置詞、冠詞、加算不可算以外で間違いがなくスラスラ英文が言えるようになったら、このStepは完了と言っても良いでしょう。上記については日本語に無い概念のため、非常に間違えやすい部分になります。この部分はアウトプットを通じて改善していくと良いので、今の段階ではそこまで気にしないようにしてください。

効果的な英語音読トレーニングのコツ

効果的に英語音読のトレーニングを行うには、いくつか意識して頂きたいポイントがあります。それらについて、見ていきましょう。

トレーニングは何度も繰り返そう

練習

初心者の方は語順の感覚になれることが重要です。そのために重要なのが、何度でも繰り返すことです。繰り返すことは記憶の定着にも有効ですし、何よりも何度も同じ動作を続けることによって、身体(英会話の場合は脳や口)が慣れてきます。

くろ

何回ぐらい繰り返せば良いの?
早い人でも10回ほど。時間が掛かる人だと20回ほどになることもあるよ。

しろ

英文を聞いた後にパッと英文が出てくる状態になれば、次のStepに進んで良い目安となります。最初は間違いだらけかと思いますが、その度に暗記するのではなく、英語の語順の感覚を意識してください。次第に慣れてきますので、それまでは諦めずに何度でも繰り返すようにしてもらえればと思います。

文単位ではなくまとまりごとに音読しよう

リーディング

英語の語順に慣れるファーストステップは、英語をまとまりで認識できるようになることです。句や節が代表的なまとまりになります。文章単位だと長く、つい暗記に走りがちになりますので、文章をまとまりで切って音読するようにしてください。

くろ

まとまりを見つける目安はあるのかな?
前置詞とか接続詞とかがまとまりの目安になるよ。

しろ

英文をまとまりで意識できるようになると、語順に慣れるのもあと少しとなります。意識して取り組むようにしてください。

英語音読トレーニングまとめ

英語音読については以上になりますが、いかがでしたでしょうか。英語音読は地味なトレーニングになりますが、やれば必ず力になるので、是非続けて貰えればと思います。

とはいえ、重要なのは自分のレベルにあった内容でトレーニングを行うことです。次の記事ではおすすめの本や使い方を紹介していますので、参考にしてください。