日本語と英語は発音が違う?独学で発音が上達するコツ!

日本人には英語の発音を身に付ける必要はない、カタカナ発音で十分という人も多いです。確かに、発音が悪くてもある程度は伝わりますし、完璧にするのは難しいと言えます。しかしながら、実は発音の本質を理解するだけでも、聞くことも伝えることもだいぶ改善します。

そのため、英会話において重要なポイントの1つが、この発音の本質を理解することです。そこで、この記事では、日本語と英語の発音の違いや上達するコツについて記載しています。

日本語と英語の3つの違いとは

発音の違いについて見ていく前に、日本語と英語の違いについて軽く振り返りたいと思います。日本語と英語の違いは、次の3つになります。

  • 語順の違い
  • 発音の違い
  • 文化の違い

単語を英語に置き換えただけでは話せるようにならないのは、上記の違いがあるためです。日本語と英語の違いの中で次に重要なのが、発音の違いです。その点について、詳しく見ていきましょう。

なお、3つの違いの概要については、下記に記載してありますので、興味のある方はご覧ください。
英会話の勉強を始める前に日本語と英語の3つの違いを知ろう!

発音の違いとは何か

英会話を学ぶ上で障害となるのが、日本語と英語で発音が異なるということです。実際に例を見ると分かりやすいでしょう。

日本語の発音の特長

解説

例えば日本語で、「私はあなたが好きです」という文があれば、日本人は「私は/あなたが/好きです」と意識的に文を切ります。この程度の短さであれば、切ることなく一呼吸で話してしまう方が多いかと思いますが、長文になれば、呼吸や間を置くことは普通と言えるでしょう。

くろ

確かに、言われてみればそうだね。
これは、特に重要なポイントだよ。

しろ

日本語は一音一音が切れて聞こえます。正確には、切れているというよりも切っていると言った方が正確かもしれません。楽器で言うと打楽器です。語順の違いで助詞について触れましたが、多くの人はそこで意識的に文を切り、場合によっては発音の際に言葉が切れることがあります。

英語の発音の特長

リーディング

上記の例の場合、日本語に不慣れな外国人が発音すると、「ワタシハ〜アナタガ〜スキデス〜」と、文章全体が繋がります。日本人にとっては違和感の発音ですが、外国人にとってはこれが普通のことなのです。

くろ

確かに、言われてみればそうだね。
英語は、息を吐きながら話す言葉なんだよ。

しろ

なぜなら、外国人は絶えず音を出し(息を吐き)ながら、口の形を変形して、音を変えています。なので、切れ目がどこにもなく、一音一音が繋がって聞こえます。楽器だと管楽器になります。

発音の違いにおける特長

翻訳

上記で見た通り、残念なことに日本語と英語の発音も180度違うと言えます。日本語であれば、先に口の形を決めて声を出し、助詞で単語を切る話し方をする所を、英語であれば音を出し(息を吐き)ながら、口の形を変形して声を出し、文章全体を一気に読む。これが、英会話の本質になります。

くろ

そんなに違うんだね。
そもそも、音の出し方が全く違うんだよ。

しろ

しかしながら、これも日本の英語教育の弊害でもあるのですが、発音というとRとLの違いなど、細かい点に目が言ってしまう人が多いです。確かに個別の発音も重要ですが、上記を理解するだけでも、リスニングやスピーキングに活きてくると思いますよ。

発音における注意すべきポイント

発音の違いについて見てきた所で、発音における注意すべきポイントについて見ていきたいと思います。英語は音を出し(息を吐き)ながら、口の形を変形して声を出すということを理解していれば、すぐに理解できるかと思います。

注意点①:日本語に無い音がある

難しい

発音で注意すべきポイントの1つ目は、日本語に無い音があることです。英語は日本語とは音の出し方が違うため、結果的に日本語に無い音が数多くあります。そして、日本人が英語の発音が難しいと感じる理由の多くは、この点にあると言えます。

くろ

RとLの違いみたいなものだね。
表面的な発音のやり方ではなく、本質を理解していれば、克服しやすくなるよ。

しろ

そもそも、音の出し方自体が違うため、表面的な発音記号ややり方を知っても、理屈を理解しないまま暗記をしているようなもので、なかなか覚えることができません。日本人にとっては同じように聞こえる音でも、口の形が違うんだなという意識を持って学ぶ必要があるでしょう。

注意点②:音の連結や消失が起こる

通じない

発音で注意すべきポイントの2つ目は、音の連結や消失が起こることです。英語は息を吐き続けながら口の形を変える言葉なので、音の連結や消失は、意識しなくても結果的に起こるものなのです。英語を聞き取ることができないと感じる理由の多くは、この点にあると言えます。

くろ

英語が聞き取れないと思った理由は、これなんだね。
日本人は無意識に言葉を切ってしまうから、この感覚になかなか馴染めないんだよね。

しろ

日本語では切った方が分かりやすいと感じるかもしれませんが、英語では繋げたほうが分かりやすいと感じるのが自然なのです。この感覚が理解できるようになると、リスニングがずっと簡単になるようになりますよ。

発音が上達するコツは

発音が上達するコツは2つあります。基本的な発音のルールを知ることと、アウトプットを通じて修正することです。それぞれについて、見ていきましょう。ここでは概要のみ記載しますが、具体的なやり方は、下記の記事をご覧ください。

英語の発音は難しい?英会話初心者が独学で上達するコツを紹介!

発音のルールを知る

発音

発音の基本的な型は、学習初期に済ませた方が、全体の負担量としては少なくてすみます。しかしながら、語順のようにトレーニングすれば効果がはっきり分かるのに対し、発音については効果をはっきりと実感するのは難しいです。結果、挫折の原因になりがちです。

くろ

発音って面白くないし、大変なんだよね。
語順と発音を一緒に身に付けるのは大変だから、まずは語順を優先すると良いよ。

しろ

ですので、発音に関しては違いを理解した上で、アウトプットを行う際に少しずつ改善していくのをおすすめします。とは言え、初期の段階で発音のルールを知っておくことは有用です。こういうのがあるのかと、気軽に取り組むと良いでしょう。

アウトプットを通じて修正する

通じない

語順の違いで見たのと同様に、こちらも同じことを繰り返すトレーニングが有効です。ただ、発音に関しては自身でチェックすることが難しいので、アウトプットを行う際に外国人に指摘してもらう形で進めるのが良いでしょう。

くろ

発音って、できているかどうか、いまいち分からないんだよね。
他人に指摘してもらうことでしか、改善できないと言えるよ。

しろ

語順の違いとは異なり、こちらは完璧でなくても、伝えたり、聞いたりすることはできます。ですので、完璧を求めるのではなく、徐々に修正する形でブラッシュアップしていくと良いでしょう。

日本語と英語の発音の違いまとめ

日本語と英語における3つの違いの中で発音の違いについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。語順の違いに比べると優先度は落ちますが、是非参考にしてもらえればと思います。

引き続き、違いの1つである文化について見ていきましょう。