英語の発音は難しい?英会話初心者が独学で上達するコツを紹介!

実際に英会話をやってみると、正しい英語にも関わらず伝えられなかったり、簡単な英語にも関わらず聞き取れなかったり、そういった場面に直面することも多くなるのではないでしょうか。その原因の多くは、発音に問題があります。発音と言っても、ネイティブのように完璧にする必要はなく、ポイントやコツを理解するだけで十分です。

英会話初心者の方が語順の基礎が身につけるのと並行して取り組むべきことが、発音のトレーニングを行うことです。英語の語順の基礎が身に付けば、正しい英語を話せるようになりますが、伝えたり聞いたりするためには、最低限の発音を身に付けなければいけません。

そこで今回は、発音トレーニングのやり方や効果について、紹介していきます。

英語発音の概要

発音に苦手意識を持っている方は多いと思いますし、発音は不要という方もいるかもしれません。実際ネイティブのような発音にすることは、不可能に近いと言えます。とは言え、なぜ発音が必要なのか、それらについて見ていきましょう。

発音とは

発音

発音は話す上で重要と言う人は多いですが、発音を学ぶことが聞く上でも重要だと理解している方は少ないのではないでしょうか。発音とは、一言で言うと音を学ぶことです。この音を理解することが、発音トレーニングにおいては重要になります。

くろ

発音と言うと、LとRの違いっていうイメージだけど。
もっと広く、音について学ぶと捉えたほうが良いよ。

しろ

発音と言うと難しく考えがちですが、そこまで難しく考える必要はありません。英語の音を理解すると、聞く上でも話す上でも効果があると軽く捉えてもらって問題ありません。それぞれについて、詳しく見ていきましょう。

英語を聞く上でなぜ発音が重要なのか

リスニング

我々が英語を聞く上で、実はそのプロセスは2つの段階に分けることができます。最初に、英語の音を理解します。その上で、英語の内容を理解します。音声理解→英文理解という流れになりますが、英語を聞き取れないという原因は、この音声(発音)を理解できないのか、英文(語順)を理解できないのか、という2つに分けることができます。

くろ

日本語でも、このプロセスで理解しているね。
日本語では自然にできるけど、英語では別々に分けてトレーニングした方が、効果的に実力を身に付けることができるよ。

しろ

発音トレーニングを行うと、音声理解の側面で力を付けることが可能になります。比重としては、英文理解(語順)の方が重要にはなるのですが、それだけでは英語を聞き取ることはできるようにならないというのは、理解してもらえればと思います。

英語を話す上でなぜ発音が重要なのか

通じない

聞くのと反対に、我々が英語を話すプロセスも2つの段階に分けることができます。最初にどんな内容を話すか、英文の内容を構築します。その上で、英語の音を発生します。英文化→音声化という聞くのとは逆の流れになりますが、相手が英語を聞き取れないという原因は、この英文(語順)に問題があるのか、音声(発音)に問題があるのか、という2つに分けることができます。

くろ

話すのは聞くのと逆なだけなんだね。
その通り。

しろ

発音トレーニングを行うと、音声化の側面で力を付けることが可能になります。比重としては、英文化(語順)の方が重要にはなるのですが、それだけでは相手が英語を聞き取ることはできるようにならないというのは、理解してもらえればと思います。

英語発音で得られる効果

発音トレーニングを通じて、下記を身に付けることができます。

  • 英語を聞き取れる(音声理解)ようになる。
  • 英語を伝えられる(音声化)ようになる。

くろ

会話における、基本中の基本だね。
発音が不十分でも、ある程度聞けたり話せたりできるけど、最低限のことは学んでおいても損はないよ。

しろ

内容があっても、伝えられなかったり、聞いたりできなければ、意味はありません。最低限の発音で構いませんので、是非身につけるようにしてください。

なぜ英語発音は難しいのか

英会話の勉強を始めたばかりの初心者の方は、発音トレーニングが難しいと感じる方も少なくありません。そこで、なぜ難しいと感じるのか、その理由について説明していきたいと思います。

日本語と英語の発音の違いが大きい

翻訳

発音が難しいと感じる理由の1つ目は、日本語と英語の発音の違いが大きいことです。日本語と英語では語順が全く逆であるのと同様に、音の出し方が全く違うといえます。この違いを理解することなく発音を真似ようとしても、発音を身に付けることは難しいと言えます。

くろ

ただ真似るだけでは駄目なんだね。
何を違うのかを理解した上で真似ないと、表面的にしか真似ることができないよ。

しろ

日本語であれば、先に口の形を決めて声を出し、助詞で単語を切る話し方をする所を、英語であれば音を出し(息を吐き)ながら、口の形を変形して声を出し、文章全体を一気に読む。これが英語の発音の本質になります。詳細については、下記の記事をご覧ください。
日本語と英語は発音が違う?独学で発音が上達するコツ!

正しさを判断できない

難しい

発音が難しいと感じる理由の2つ目は、正しさを判断できないことです。音読や瞬間英作文といったトレーニングでは、実際に自分ができていたかどうかを確認することができますが、発音は誰かにチェックしてもらわない限り、正しいかどうかを確認することができません。

くろ

自分1人でやっても、あまり意味がないんだね。
基本を知ることはできるけど、基本的には実践を通じて改善していくイメージだよ。

しろ

正しいかどうかも分からずにトレーニングを続けると、変な癖を身につけてしまう可能性もありますし、上達を実感できないのでモチベーションの維持にも悪影響を与えます。初心者の方はトレーニングの初期に発音を時間をかけすぎないようにすると良いでしょう。

英語発音トレーニングのやり方を徹底解説

いきなり英語発音トレーニングをしようとしても、なかなか上手くはいきません。そこで、最初は簡単なものからはじめて、徐々にレベルを上げていくことが重要です。そのためにも、次のStepで進めると良いでしょう。

  • Step.1
    音の出し方を理解する
    個別の音のポイントやコツを理解しましょう。
  • Step.2
    音の連結や消失を理解する
    文章の音のポイントやコツを理解しましょう。
  • Step.3
    実践を通じて修正する
    アウトプットを通じて、英語の発音を身に付けましょう。

①音の出し方を理解する

音読

発音を学ぶ上で、まず身に付けなければならないのが、音の出し方です。中学や高校で英語を学んでいた時に、なぜこんな音の出し方をするのか疑問に思った方も多いのではないでしょうか。しかし、英語が息を吐きながら口の形を変えて音を出す言葉であるため、こういった音が出るのです。

くろ

LとRの違いとか、いまいち分からないんだよね。
神経質になる必要はないけど、どういう音の出し方かは理解しておいたほうが良いよ。

しろ

最初にどういった音の出し方があるか、一通り復習すると良いでしょう。この段階で完璧に覚える必要はありません。どういった音があるかを理解し、後の段階で思い出せる状態にしておくことが重要です。

②音の連結や消失を理解する

スピーキング

個々の音の出し方を学んだ後は、繋がりを意識するようにしましょう。英語は、言葉がつながると音の連結や消失が発生する言葉です。この点はあまり意識する方は多くは無いですが、いくつかのルールを知るだけで、リスニングが大幅に改善することを実感できるかと思います。

くろ

なんだか難しそうだね。
英語の音の出し方を理解していれば、大方理解できると思うよ。

しろ

ルールと言っても難しいものではなく、息を吐き続けながら口の形を変えると、自然と連結や消失が起こるといった極めて普通のことばかりです。英語の音の出し方の本質を理解していれば、難しくはありません。是非、取り組んでもらえればと思います。

③実践を通じて修正する

英会話スクール

発音が難しいと感じる理由で説明しましたが、発音に関しては自身でチェックすることが難しいので、ある程度語順のルールが身に付いて、オンライン英会話スクールなどで実践ができるようになった際に、アウトプットを行う際に外国人に指摘してもらう形で進めるのが良いでしょう。

くろ

発音って、できているかどうか、いまいち分からないんだよね。
他人に指摘してもらうことでしか、改善できないと言えるよ。

しろ

語順の違いとは異なり、こちらは完璧でなくても、伝えたり、聞いたりすることはできます。ですので、完璧を求めるのではなく、徐々に修正する形でブラッシュアップしていくと良いでしょう。

発音トレーニングで注意すべきポイント

英語発音のトレーニングを行う際には、いくつか意識して頂きたいポイントがあります。それらについて、見ていきましょう。

語順を優先させよう

瞬間英作文

発音については、語順のようにトレーニングを行えば効果を実感するものではなく、トレーニングを行ってもなかなか効果を実感することは難しいです。とは言え、それほど効果が大きいものでもありません。ですので、基本的には語順を優先する形で問題ありません。

くろ

いきなり発音まで意識するのは、大変だよね。
まずは英語の語順を完璧にして、発音は徐々に取り組んでいけばよいよ。

しろ

学習初期に発音を徹底的にやることを推奨している方も多いですが、挫折の原因にもなりますので、ある程度英会話の勉強が進んできてから開始する形でも良いでしょう。

完璧を目指さないようにしよう

注意

ネイティブのような発音になるには、何年もの時間が必要です。英語を話すという目的から考えると、ネイティブほどの発音にすることはほとんどの場合が不要ですので、完璧を目指さないようにしましょう。

くろ

ある程度で良いということだね。
ポイントやコツを理解できれば十分と言えるよ。

しろ

必要なのはポイントやコツであって、完璧になることではありません。この点を意識して、発音の学習に取り組んで貰えればと思います。

英語の発音のまとめ

発音については以上になりますが、いかがでしたでしょうか。時間をかけすぎるほどのものではありませんが、最低限の勉強はして貰えればと思います。

とはいえ、重要なのは自分のレベルにあった内容でトレーニングを行うことです。おすすめの本やそれぞれの難易度については、次の記事で紹介していますので、参考にしてください。