脱英会話初心者!英会話の学習・習得のアウトプット方法を紹介!

Step3で英会話の練習を通じて英語の語順を身に付けることができましたので、ここからは実践でそれらを使えるようにするために、英会話の実践を行いましょう!

英会話の実践の流れは、以下の通りです。

  • スピーキングを行う。
  • リスニングを行う。
  • ライティングを行う。
  • リーディングを行う。

英会話の実践をしよう

瞬間英作文と音読の2つのトレーニングを通じて、英語の語順を身体に刻み込むと、次第に簡単な英文を話すことができるようになります。

MEMO
野球においては、基本的なフォーム(型)を身に付けた後、より複雑なボールを投げたり、打ったりして、実戦形式の練習を増やしていくことになるかと思いますが、英会話も同様に実践を意識してより複雑な会話をアウトプットしていくことになります。

スピーキングはオンライン英会話を活用しよう

スピーキング

スピーキングトレーニングの基本は、実際に外国人と英会話を行うことです。今ではオンライン英会話で格安で英会話ができる時代になったので、これを活用すると良いでしょう。瞬間英作文や音読ができるようになったとしても、冠詞や前置詞、時制など、はじめのうちは必ず躓くはずです。しかし、これらのミスを外国人は逃しませんので、外国人との会話を通じて修正していきましょう。

くろ

ネイティブの講師でなくても良いの?
英語を話すほとんどが非ネイティブなので、心配しなくて大丈夫だよ。

しろ

ただし、ここで注意してほしいのが、外国人に英会話を教えてもらうのではなく、外国人に自分の誤りを指摘してもらうというスタンスで授業を受けることです。講師任せになってしまうのであれば、それはまだ基本の型を使いこなせていないので、瞬間英作文や音読に戻る必要があると言えるでしょう。詳細については、下記の記事をご覧ください。

英会話のアウトプット:スピーキングのやり方や勉強法オンライン英会話スクールの効果と使い方とは?スピーキング強化コツを紹介

リスニングは英語の動画を活用しよう

リスニング

音読では語順を身体に刻み込むことを行ってきましたが、このレベルでは前から聞いた音をそのまま理解するというレベルに変える必要があります。具体的には、予め英文を読んで意味構造を把握するのではなく、読まない状態で正確に聞き取るというディクテーションにシフトすると良いでしょう。

くろ

リスニングの時に選ぶ教材はどんなのが良いの?
一度文章を前から読んで、内容を理解できる難易度であることだね。読んで理解できないのであれば、聞いても理解できないから。

しろ

材料は今までの音読パッケージでも良いのですが、このレベルに達したのであれば、自分が興味を持てる内容に変更するのもおすすめです。様々な教材がありますが、英語の映画やドラマ、アニメなど、自分が興味を持てる内容で一定の条件を満たしたものを選ぶと良いでしょう。詳細については、下記の記事をご覧ください。

英会話初心者のリスニングに洋画や洋楽をおすすめしない理由とは?

ライティングは添削サービスを活用しよう

ライティング

ライティングトレーニングの基本は、書いた英文を実際に外国人にレビューしてもらうことです。オンライン英会話でチェックしてもらっても良いですが、誰にでも活用できる無料のサービスがあるので、それらを上手く活用すると良いでしょう。

くろ

え、本当に無料なの?
Lang-8など、外国語添削サービスが有名だよ。

しろ

書く内容に関しては、多くの人がFacebookやTwitterなどのSNSを利用しているかと思いますので、そこにアップした内容を英文にすると良いでしょう。そういったものがない方は日記を書いても良いですし、何かしらのドキュメントを英訳するのも有効です。詳細については、下記の記事をご覧ください。

英語のライティング強化におすすめの添削サービスの効果や使い方

リーディングは英語の書籍を活用しよう

リーディング

リーディングに関しては今まで試験英語でやってきた返り読みではなく、英語の語順のまま意味を掴む訓練が必要になります。そのために有効なトレーニングが多読になります。

くろ

精読は必要ではないの?
論文や専門書を読むなら必要だけど、日常会話やビジネス会話が目的なら必要ないよ。

しろ

多読の材料としては、リスニングと同様に自分が興味を持てる内容にすると良いでしょう。英語の映画やドラマの原文でも良いですが、雑誌や本、小説や漫画などでも構いません。詳細については、下記の記事をご覧ください。

英会話初心者のリーディング教材に洋書や雑誌をおすすめしない理由とは?

英会話の練習の詳細を徹底解説!

アウトプットでは、スピーキング、リスニング、ライティング、リーディングが重要なことをみてきましたが、正しいやり方で復習することが重要です。実際にこれらアウトプットのやり方を見ていきましょう。

アウトプットのやり方は

やり方

アウトプットは、身に付けた型(フォーム)がどんな場面でも使えるように、何度も繰り返し練習試合を行うようなものです。トレーニングの初期は躓くかもしれませんが、正しい型(フォーム)が身についているのであれば、次第にどんな場面でも使えるようになりますので、頑張ってください。ここでは、それぞれのサービスについて、簡単に見ていきましょう。

スピーキング:オンライン英会話

オンライン英会話なら月5,000円~10,000円くらいで毎日レッスンを受けられるので、これを活用しない手はありません。英会話講師に任せるインプット型のやり方ではなく、積極的に自分の意見を発信したり、質問したりすることを心がけてください。

くろ

こんなに安くて、大丈夫なのかな?
どこもサービスはしっかりしていないので、心配ないよ。

しろ

代表的なものに、下記のサービスがあります。

  • ネイティブキャンプ
  • DMM英会話
  • レアジョブ

詳細については、下記の記事をご覧ください。
スピーキングにおすすめのオンライン英会話3つ【2018年度版】英会話初心者におすすめのオンライン英会話スクール3つ

リスニング:英語の動画

リスニングは自分が興味を持てる内容で、かつ一度前から英文を読んで理解できるレベルを選ぶことが重要と述べました。もちろん海外の動画も良いですが、以前に見たことがある日本の動画に英語の音声がついたものを選ぶと、内容も理解していることから英語が聞き取れやすく、おすすめしています。

くろ

英語の動画って絶望的に聞き取れないんだよね。
だからこそ、まずは内容を理解しているのをおすすめするよ。

しろ

代表的なものに、下記のようなものがあります。

  • 英語版のアニメ
  • ibcオーディオブックス
  • ニュースサイト

詳細については、下記の記事をご覧ください。
英会話初心者のリスニングに洋画や洋楽をおすすめしない理由とは?

ライティング:添削サービス

添削サービスというものがあります。これは、スペルや文法のミスはもちろん、文脈に合わないおかしな表現を添削してくれます。無料のものもあり、ウェブ上で手軽に利用することができます。

くろ

こんなサービスがあるんだ。
便利なので、色々と使ってみると良いよ。

しろ

代表的なものに、下記のサービスがあります。

  • Lang-8
  • HiNative Trek
  • フレーズフレーミー

詳細については、下記の記事をご覧ください。
【2018年度版】ライティングにおすすめの英語添削サービス3つ

リーディング:英語の文章

リーディングに関しても、自分が興味を持てる内容で、かつ一度前から英文を読んで理解できるレベルを選ぶことが重要です。リスニングと同様に海外の文章では良いですが、以前に見たことがある日本の文章を英訳したものを選ぶと、内容も理解していることから英語が読みやすく、おすすめしています。

くろ

英語を読んでいると、疲れて眠たくなっちゃうんだよね。
だからこそ、まずは内容を理解しているものをおすすめするよ。

しろ

代表的なものに、下記のようなものがあります。

  • 英語版の漫画
  • ラダーシリーズ
  • ニュースサイト

詳細については、下記の記事をご覧ください。
【2018年度版】英語のリーディングにおすすめの多読書籍3つ

英会話の実践の準備物は

準備物

英会話の実践に必要な準備物は、下記の通りです。

  • スピーキング:オンライン英会話(毎月5,000円程度)
  • リスニング:興味のある動画(3,000円〜5,000円程度)
  • ライティング:添削サービス(無料)
  • リーディング:興味のある文章(3,000円〜5,000円程度)
MEMO
全て行う必要はありませんので、各自の目的や目標と照らし合わせた上で、必要な部分を強化していくと良いでしょう。

くろ

このStepでも簡単なものの方が良いんだよね?
もちろん!

しろ

なお、実際にアウトプットを行っている際に受身の感覚がある場合は、まだまだ基本の型が見についていないと言えますので、1つ前のStepに戻って基礎固めをすると良いでしょう。

英会話の実践に必要な期間は

時間

英会話の実践に必要な時間は、下記の通りです。

  • 時間:30時間以上
  • 期間:2週間以上
MEMO
他のトレーニングもそうですが、特にアウトプットについては毎日続けることが重要です。最初はぎこちないかもしれませんが、基本の型が身についていれば、直ぐに慣れるようになると思います。

くろ

毎日は大変そうだなあ。
毎日続けないと、あまり効果は実感しないと思うよ。

しろ

2週間というのは、トレーニングを始めてから慣れを感じるまでの期間であって、実際にもその後も続いていくことになります。とはいえ、一度慣れると、実際の場面でも使えるようになるので、まずは最低2週間続けてみてください。

Step4:英会話の実践をしよう!まとめ

これでStep4の英会話の実践をしようは終了です。最初は慣れないかもしれませんが、基本の型が身についていれば直ぐに慣れますので、頑張ってください。

では、Step5の「英会話の筋トレをしよう」へと駒を進めていきましょう!