初心者の英語多読にニュースサイトが良い理由とおすすめ3つを紹介

これから英語の多読を始めたいと思っている人におすすめの多読本の1つが、ニュースサイトになります。

ニュースサイトと呼ばれるものの中には語学習得者向けに作られたものもあるため、とっつきやすい多読本の1つになります。

そんな英語版のニュースをこれからまとめさせていただきましょう!

ニュースサイトの概要

ニュースサイトは1つ辺りの文章量が少なく、比較的、易しい多読本の1つであると言えます。これは、まさに初心者の方が多読を行う際に、重要な点と言えるでしょう。

英語多読にニュースサイトをおすすめする点

英語多読にニュースサイトをおすすめする点は、下記になります。

興味を持てる内容が多い

モチベーション

多読におすすめされる絵本や童話といった内容は、大人の方にとっては興味を持てない内容も多く、長続きしづらい部分があります。しかしながら、ニュースであれば、社会人の方でも興味を持って見ることができるかと思います。

くろ

面白くない内容を読んでも、眠たくなって来るんだよね。
興味を持てる内容でないと、長続きするのは難しいよ。

しろ

一言でニュースと言っても、政治や経済といった内容から、スポーツや芸能といった内容まであるため、興味のあるジャンルを見つけやすいかと思います。数も多いため、自分に合うものを必ず見るけることができるでしょう。

1つ辺りの長さが短い

簡単

興味を持って読める内容であっても、内容が難しく長ければ多読を続けることは難しいです。しかしながら、ニュースは1つ辺りの長さが短く、大衆向けということで文章もしっかりしているため、初心者の方にとっても読みやすいと言えるでしょう。

くろ

長すぎると、途中で挫折してしまうんだよね。
ニュースサイトは、適度な長さと言えるよ。

しろ

洋書ですと1つ辺りの長さが長く、初心者の方であると読み切ることが難しい場合もあるのですが、ニュースであるとそういった心配が無いのは、メリットと言っても良いでしょう。

無料で利用できる

お金

ニュースサイトの多くは、インターネット上に無料で公開されています。お金をかける必要がないため、それこそ、朝から晩まで1日多読しても、無料で利用することが可能です。

くろ

これだけの内容が無料なんて、すごいね。
使わない手はないね。

しろ

無料であるため、ひとまずやってみて、合っているかどうかを確認しやすいのも特長です。無料でこれだけのものを利用できるのは、大きなメリットになるかと思います。

英語多読にニュースサイトをおすすめしない点

英語多読にニュースサイトをおすすめしない点は、下記になります。

日本語訳がない

弊害

英語版のニュースサイトは日本人向けに作られたものはないため、当然ながら日本語訳はありません。全て英語で作られているため、初心者の方には厳しい部分もあり、どちらかと言えば中級者以上向けと言えるでしょう。

くろ

全部英語なのは、流石に厳しそうかな。
ニュースの内容だけなら、大抵は日本語でも見つけることができるよ。

しろ

日本語訳が無いとは言っても、ニュースの多くは同じ文章ではなくても同じ内容が日本語でインターネットに公開されていることが多いため、内容については確認することが可能です。とはいえ、初心者の方は注意するようにしてください。

英語多読におすすめするニュースサイト

初心者の方が初めてニュースサイトで多読を行う場合、内容的に比較的易しいものから取り組むことをおすすめします。そこで、内容が易しいものの中から、おすすめのニュースサイトを紹介したいと思います。

VOA

VOAは非ネイティブの英語学習者向けに作られたニュースサイトです。英語学習者向けということで、英文のレベルが優しく、初心者向けのコンテンツが充実しているのが特長です。

くろ

英語学習者向けのニュースなんていうのがあるんだね。
初心者向けの配慮が充実しているよ。

しろ

VOAは音声もありますが、平易な文章、ゆっくり明瞭な発音と、初心者にも聞き取りやすい英語となっています。ニュースサイトの中で、最もおすすめできるものと言っても良いでしょう。

BCC

BBCはイギリスの公共放送局で、国内向けの報道番組などを広く発信していますが、英語学習者向けに「BBC英語講座」(BBC Learning English)を配信しています。BBC英語講座は、BCCのニュースを材料に作成されています。

くろ

こんなのもあるんだね。
VOAのイギリス英語版と捉えてもらって良いと思うよ。

しろ

アメリカ英語ではなくイギリス英語になりますが、イギリス英語を中心に学びたいという方にとっては、おすすめできるニュースサイトと言っても良いでしょう。

CNN

CNNはアメリカの有名なニュースチャンネルですが、学生向けに「CNN Students」を配信しています。通常のCNNはネイティブ向けのためレベルが高いですが、学生向けは内容が簡単になっています。

くろ

前にCNNを見たことがあるけど、あれはレベルが高かったね。
初心者にはハードルが高すぎるかもしれないね。

しろ

アメリカでの一般的なニュースを大変わかりやすい表現で伝えてくれます。分かり易い表現、クリアな発音、適度なスピードとリズムで、聞き取りやすいとてもいい番組です。スクリプトも公開されており、それを使って多読を行うことが可能です。

ニュースサイトの効果的な使い方

ニュースサイトは良い点があるものの、活用すべきなども数多くあります。それらについて述べていきたいと思います。

なお、英語多読のやり方やコツについては、下記の記事をご覧ください。
英会話初心者のリーディング教材に洋書や雑誌をおすすめしない理由とは?

アプリを使う

アプリ

ニュースサイトで多読を行う際におすすめなのが、アプリを使うことです。ニュースサイトの多くはアプリが公開されており、それを使うことで、いつでも、どこでも、手軽に多読を行うことができるようになります。

くろ

アプリなら、電車の中でも使えるね。
便利機能も多いから、是非使って見ると良いよ。

しろ

アプリを使うことで、細切れの時間を多読の時間に使うことができるようになります。忙しい社会人の方ですと纏まった時間を作ることは難しいかもしれませんので、積極的に利用すると良いでしょう。

リスニングと合わせて行う

リスニング教材

英語の多読を行う際に、合わせて行うと良いのが、リスニングを行うことです。ニュースの多くは音声化されており、音声を使って学習することで、リスニングの勉強を行うことが可能です。

くろ

リーディングとリスニングって、近いイメージがあるよね。
同じ材料を使った方が、効率的に勉強できるよ。

しろ

初心者の方が内容も知らないものでリスニングを行おうとすると挫折してしまいがいですので、一度多読したものでリスニングを行うのは、非常に効率的であると言えるでしょう。

英語多読におすすめのニュースサイトまとめ

ニュースサイトの特長については、以上です。

英会話初心者の方の多読本としておすすめの1つですので、興味のある方はニュースサイトを見てみましょう。正しい手順を踏めば、リーディングは必ず強化されますので、頑張ってください。

また、ニュースサイト以外にもおすすめの多読本があるため、個々のレベルや目的に応じて、最適なものを選ぶようにしてください。特におすすめできるものに関しては、下記の記事をご覧ください。
【2018年度版】英語のリーディングにおすすめの多読書籍3つ