瞬間英作文が難しい?初心者向けにトレーニングのやり方を紹介!

英会話を勉強する上で、中学文法と単語を復習することは重要ですが、それだけでは知識を知っているけど使えないという状態になりがちで、まだまだ英会話の実践では何も話せないに近い状況かと思います。

ではどうすれば良いかという話ですが、知っているけど使えない知識を使えるようにするためのトレーニングを行うことが重要です。その1つが、瞬間英作文になります。

しかしながら、瞬間英作文を難しいと感じる方も多く、挫折してしまった方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、瞬間英作文が難しいと感じるであろう初心者の方向けに、瞬間英作文トレーニングのやり方について、紹介していきます。

瞬間英作文トレーニングの概要

瞬間英作文は中学や高校の英語の授業で行われていないので、初めて聞いた方や聞きなれない方も多いかと思います。そこで、まずは瞬間英作文とはどういったものなのかについて、説明していきたいと思います。

瞬間英作文とは?

ライティング

瞬間英作文とは、短くて簡単な日本語を瞬間的に英語に変えるトレーニングです。例えば、下記のような中学レベルの内容の日本語を見て、瞬間的に英語に変えていくトレーニングになります。

日本語:先週あなたが会った女性は、私の学校で教師をしていました。

英語:The women who you met last week was teacher at my school.

くろ

なんてことない内容だけど、結構難しいね。
英語の語順に慣れるには、もってこいのトレーニングだよ。

しろ

実際にやってみると分かるのですが、トレーニングを始めた最初の頃は中学レベルの英文でも様々なミスが出てくるかと思います。しかしながら、何度も繰り返していくことによって、次第に正しい語順が身に付き、英語が話せるようになってきます。

なぜ瞬間英作文が重要なのか

理由

中学や高校で英語を学び、大学受験やTOEICなどの試験英語を通じて高度な英語を学びながらも話せない人の多くが、知っている知識を使える知識に変えるトレーニングを行って来なかったことにあります。英語を話す上では語順がポイントになりますが、意識してきた方は少ないのではないのでしょうか。

くろ

読む練習ばかりで、話す練習は全くしてこなかったね。
一つ一つ語順を意識して練習すれば、必ず話せるようになるよ!

しろ

英語は語順(配置)が重要になりますが、瞬間英作文でトレーニングすると、この英語の語順(配置)を意識せざるを得ない状況になるため、英文の基本的な組み立て方を身に付けることができるようになります。

MEMO
常に語順(配置)を意識していると、次第に意識しなくてもそれらを活用できるようになります。自転車に乗れたり、自動車を運転したりするイメージに近いかもしれません。最初は単調かもしれませんが、直ぐに効果は出ます。

注意点①:和文英訳しない

瞬間英作文
瞬間英作文トレーニングを行う上で、注意して頂きたい点が2つあります。1点目についてですが、試験に出てくるような和文英訳は、下記のようなものではないでしょうか。

楽しいはずの海外旅行にもトラブルはつきものだ。例えば、悪天候や自然災害によって飛行機が欠航し,海外での滞在を延ばさなければならないことはさほど珍しいことではない。いかなる場合でも重要なのは,冷静に状況を判断し,当該地域についての知識や情報,さらに外国語運用能力を駆使しながら,目の前の問題を解決しようとする態度である。(大学入試過去問)

くろ

こんな文章を会話で使うのかな?
会話で必要な場面は、全く無いと言えるよ。

しろ

このように、時間を欠けて長くて複雑な文を英訳するのは、英会話においては不要です。初心者の方がまず身につけなければならないのは、平易な文を瞬間的にかつ正確に作る能力です。そのために、「簡単で短い英文を瞬時にパッと英訳する」「できるまで何度も反復する」「数をこなしてあらゆるパターンに慣れる」ということを意識してください。

注意点②:暗記しない

注意

試験英語では暗記も有効であったかもしれませんが、無限に存在する会話のパターンを暗記するのは現実的ではありません。瞬間英作文の目的は英語の語順の感覚を掴むことですので、その点を意識してトレーニングするようにしてください。

くろ

つい暗記しがちなんだよね。
筋トレも鍛える筋肉を意識しながらやると良いというよ。

しろ

「必ず主語を言う」「主語の後に動詞を言う」「動詞の後に目的語や補語が続く」「説明は後ろから行う」など、英語独特の語順に慣れることが重要です。暗記するのではなく、これらの語順を意識してトレーニングを繰り返すことで、次第に英語の語順を身に付けることができるようになります。

なぜ瞬間英作文トレーニングは難しいのか

英会話の勉強を始めたばかりの初心者の方は、瞬間英作文トレーニングが難しいと感じる方も少なくありません。そこで、なぜ難しいと感じるのか、その理由について説明していきたいと思います。

基礎ができてない

基礎

瞬間英作文トレーニングが難しいと感じる理由の1つ目は、基礎ができていないことです。基礎とは、中学レベルの英文法や英単語になります。中学レベルの英語は問題ないと思っている方でも、英語を話す(=英語の語順を学ぶ)という観点で中学英語を学んできた方は少ないはずです。

くろ

中学英語なんて、復習しなくてもできると思うんだけでも。
試験英語はそうかもしれないけど、英会話という観点に立つと、違ったものが見えてくるよ。

しろ

英語の語順のルールを理解するという視点で中学英文法を復習してみると、様々な発見や学びがあるかと思います。時間をかける必要はありませんので、瞬間英作文トレーニングを始める前に、必ず復習するようにしましょう。もし、基礎が不十分であると感じる方は、下記の記事をご覧ください。
英会話の基礎は中学英文法?初心者におすすめの覚え方や勉強法 英会話の基礎は中学英単語?初心者におすすめの暗記術や勉強法

教材が適切でない

リスニング教材

瞬間英作文トレーニングが難しいと感じる理由の2つ目は、教材が適切でないことです。多くの人は、試験英語の影響が強いのか、難しい教材を選びがちです。しかしながら、英会話においては、試験英語のような難しい英語は不要です。意識して簡単な教材を選ぶようにすると良いでしょう。

くろ

高校とか大学で使った教材が、たくさん家にあるんだよね。
英会話においては、中学レベルの教材で十分なんだよ。

しろ

自分と同レベルかもしくは少し上のレベルの教材を選ぶことが重要ですが、英会話においてはほとんどの人が初心者と言って良いかと思います。ですので、中学生が使うようなレベルのものを選ぶと良いでしょう。もし、教材が適切でないと感じる方は、下記の記事をご覧ください。
英会話初心者におすすめの瞬間英作文本4選

初回の負荷が高い

発音

瞬間英作文トレーニングが難しいと感じる理由の3つ目は、初回の負荷が高いことです。瞬間英作文トレーニングを行う際に、多くの人はいきなり日本語を英語に瞬間英作文しようとしますが、全くと言っていいほどできないことを実感すると思います。あまりのできなさに挫折してしまう人も多いのではないでしょうか。

くろ

瞬間的に英作文すると言っても、何も出てこないんだよね。
インプットされてない状態でアウトプットするのは、不可能と言えるよ。

しろ

当たり前のことなのですが、インプットされてない状態でアウトプットをしようとしても、アウトプットすることはできません。スポーツにおいて、見本を見ることなしに、いきなり上手くやることができないのと同様です。初心者の方はいきなり瞬間英作文しようとせずに、見本を見てから取り組むようにしてください。具体的なやり方は、記事の後半に記載しています。

回数の負荷が高い

弊害

瞬間英作文トレーニングが難しいと感じる理由の4つ目は、回数の負荷が高いことです。確かに、トレーニングを行う回数は重要です。しかしながら、効果を実感する前に回数の負荷に耐えることができず、挫折してしまう人も多いのではないでしょうか。

くろ

これ、こんなに続けないといけないのって、感じちゃうんだよね。
効果を実感すれば、続けようという気になってくるよ。

しろ

語順を身に付けるために回数は重要なため、あまり減らすことはできませんが、ステップを区切って効果を実感しやすくすることで、回数を数多くこなせるような工夫をすることはできます。具体的なやり方は、記事の後半に記載しています。

瞬間英作文トレーニングのやり方を徹底解説!

上記で見た通り、初心者の方にとって瞬間英作文のハードルは高く、いきなりトレーニングをしようとしても、なかなか上手くはいきません。そこで、最初は簡単なものからはじめて、徐々にレベルを上げていくことが重要です。そのためにも、次のStepで進めると良いでしょう。

  • Step.1
    リーディング
    英文の意味や構造を理解しよう。
  • Step.2
    リピーティング
    語順を意識しながら音読しよう。
  • Step.3
    シャドーイング
    語順のリズムを身体に刻もう。
  • Step.4
    スピーキング
    瞬間英作文をしよう。

いきなり瞬間英作文といったアウトプットをするのではなく、リピーティングやリピーティング、シャドウイングでインプットしながら、徐々にレベルを上げていくことが重要です。段階を踏むことにより、難しいと感じることなく進められると共に、それぞれの段階で効果を実感しやすくする効果もあります。

Step1:リーデイング

リーディング

瞬間英作文のトレーニングを行う際は、いきなり日本語にから瞬間英作文をしようとはせずに、最初は英文を見て意味や構造を理解するようにしてください。上段で説明した通り、インプットなくアウトプットするのは、挫折する原因になります。なお、答えの英文を見た際に、なるほどという実感が無い場合、まだ語順のルールが理解できていないと思いますので、中学英文法の復習を行うようにしてください。

くろ

え?そんなことして良いの?
お手本(インプット)を見た上で真似(アウトプット)をしないと、上達はできないよ。

しろ

なお、その際に重要なのが、英語を頭から読んで、頭から理解するようにすることです。絶対に英文を後ろから読み返すことはしないでください。英語をネイティブの感覚で理解するようにしましょう。頭から英文を読んで、ぱっと意味を理解できるようになれば、次のStepに進んで良いでしょう。そこまで回数はかからないと思います。

Step2:リピーティング

音読

意味や構造を理解した後は、英語の音声を聞いて、真似をして音読するようにしましょう。音読は、インプットの後のアウトプットを繋げる重要な位置づけになります。声に出してより能動的に学習することで、より深く語順を意識し、英語の語順を身体に馴染ませることができるようになります。

くろ

音読をする際のポイントは何かあるの?
音読する際に英文は見ても良いけど、必ず語順は意識しながら発音してね。

しろ

なお、その際に重要なのが、語順を意識しながら発音することです。意味や構造を理解することなく単に声に出すだけでは、意味の分からない呪文をひたすら唱えているのと同じで、全く意味が無いと言っても良いでしょう。声に出すのが難しい場合は口パクでも構いませんが、必ず語順を意識するようにしてください。

Step3:シャドーイング

リスニング教材

リピーティングがある程度できるようになった後は、少しレベルを上げてシャドーイングを行いましょう。シャドーイングとは、音声を聞いた直後に追いかけるようにして発音することです。リピーティングをより早くしたものとイメージしてもらえれば良いでしょうか。

くろ

リピーティングを少し難しくした感じだね。
今までの積み重ねがあれば、英文を見なくてもシャドーイングできるはずだよ。

しろ

なお、その際に重要なのが、リピーティングと同様ですが、語順を意識しながら発音することです。シャドーイングはかなり集中力が必要となりますので、数ではなく、正しいやり方(語順を意識する)ことに注意してください。英文を見なくてもすらすらシャドーイングできるようになれば、次のStepに進んでよいでしょう。

Step4:スピーキング

スピーキング

ここまでトレーニングを積み重ねることができた後に、ようやく瞬間英作文を行いましょう。すらすらできる状態では無いかとは思いますが、いきなり瞬間英作文を行うより、ある程度英文が口に出てくる状態になっているかと思います。

くろ

確かに、いきなりやるよりもできるイメージがあるね。
段階的にレベルを上げていくことが重要なんだよ。

しろ

なお、スピーキングを行う際は、可能であれば文章を読んで瞬間英作文を行うのではなく、日本語音声を聞いて瞬間英作文を行うようにしましょう。音声を活用するメリットは、頭の使い方が実際の会話のイメージに近いことです。実際の会話では、日本語を見ながら英訳することはありませんので、それに近い状態を作るためにも、是非活用してもらえればと思います。

効果的な瞬間英作文トレーニングのコツ

効果的に瞬間英作文のトレーニングを行うには、いくつか意識して頂きたいコツがあります。それらについて、見ていきましょう。

トレーニングは何度も繰り返そう

練習

初心者の方は語順の感覚に慣れることが重要です。そのために重要なのが、何度でも繰り返すことです。そのためにも、やはりある程度の数は必要です。繰り返すことは記憶の定着にも有効ですし、何よりも何度も同じ動作を続けることによって、身体(英会話の場合は脳や口)が慣れてきます。

くろ

やっぱり、ある程度の回数は必要なんだね。
とは言え、上記のStepに沿って進めれば、そこまで困難ではないはずだよ。

しろ

トレーニングを始めた序盤は間違えることも多いかと思いますが、その度に暗記するのではなく、英語の語順の感覚を意識してください。次第に慣れてきますので、それまでは諦めずに何度でも繰り返すようにしてもらえればと思います。

1冊目は文型別にトレーニングしよう

英文法

瞬間英作文の1冊目は文型をパターン別に練習することで、基本的な文型を身に付けましょう。野球で言えば、アウトコース、インコース、高め、低め、といったコースや、ストレートや変化球などの基本的なボールの打ち方を徹底的に身体に覚え込ませ、そのボールが来たら自然に身体が反応するようにしていくイメージです。

この段階でマスターしたい文型は、下記の通りです。

  • 基本文型(第1文型、第2文型、第3文型、第4文型、第5文型)
  • 肯定文、否定文、疑問文、命令文、感嘆文
  • 時制(現在、過去、未来、進行、完了)
  • 比較(同格、比較級、最上級)
  • 不定詞(名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法)
  • 分詞(現在分詞、過去分詞)
  • 関係代名詞(主格、目的格、所有格)
  • 知覚動詞、使役動詞

くろ

どれも中学で見かけるような内容ばかりだね。
これらを使いこなせれば、ある程度のことは表現できるようになるよ。

しろ

この段階では、過去完了や仮定法などの高度な英文法や、前置詞などの文法問題に出てくる文法は不要です。まずは、基本のパターンをマスターしましょう。「主語→動詞→目的語」といった基本的な流れや、疑問文の倒置など、日本語と違う部分を違和感なく話せるように、何度も練習しましょう。

2冊目は場面別にトレーニングしよう

場面

基本的な文型を完了した後に、場面別の問題集に取り組むことで、文型がシャッフルされた状態でも基本的な文型が身についているかを確認すると共に、挨拶などの頻出のパターンを合わせて身に付けることができるようになります。野球で言えば、どんなボールが来るか分からない状態でバッティングを行うようなイメージです。

この段階では、目的に応じて下記の中から必要な部分を学ぶと良いでしょう。

  • 旅行英会話
  • 日常英会話
  • ビジネス英会話

くろ

この中のどれかには当てはまりそうだね。
下に向けて徐々に難しくなっていくから、上から順番に取り組んでいくと良いよ。

しろ

なお、文型別がしっかり身についていれば、日本語を見てどの型(パターン)が当てはまるか想像することは容易にできると思います。そうでない場合はまだ基本的な型(パターン)が身に付いていませんので、文型別に戻るようにしてください。

ランダムで再生しよう

準備物

ある程度トレーニングを進めた方におすすめなやり方の1つが、音声をランダムで再生することです。ランダムで再生することによって、どの文型を使えばよいかを判断する必要が出てくるため、より負荷をかけてトレーニングを行うことが可能です。

くろ

音声をシャッフルするんだね。
より実際の会話に近い状況にすることができるよ。

しろ

同じような文型や場面だとパッと言えても、色々と混在していると言えなくなってしまうということはよくあります。ランダムで再生することにより、より実践に近い形でトレーニングを行い、瞬発力を高めることができるようになるでしょう。

1.5倍速で再生しよう

時間

ランダムに再生することと同じくおすすめのやり方の1つが、1.5倍速で再生することです。1.5倍速で再生することによって、よりスピードを早くすることができるため、より負荷をかけてトレーニングを行うことが可能です。

くろ

音声を早くするんだね。
より実際の速度に近い状況にすることができるよ。

しろ

中学レベルの教材は音声のスピードや間が長く取られる傾向にあるため、トレーニングを始めたばかりの頃は有効ですが、実際のネイティブの速度と比べると遅いと言えます。1.5倍速で再生することにより、より実践に近い形でトレーニングを行い、ペースを早めることができるようになるでしょう。

瞬間英作文トレーニングまとめ

瞬間英作文については以上になりますが、いかがでしたでしょうか。瞬間英作文は地味なトレーニングになりますが、やれば必ず力になるので、是非続けて貰えればと思います。

とはいえ、重要なのは自分のレベルにあった内容でトレーニングを行うことです。次の記事ではおすすめの本や使い方を紹介していますので、参考にしてください。