英会話の勉強を始める前に日本語と英語の3つの違いを知ろう!

英会話を学ぶ上で、日本語と英語の違いをしっかり理解しておくことは重要です。日本語と英語の違いを把握することで、日本人が躓きやすいポイントを意識し、改善しやすくすることができるようになります。

そこで、この記事では、日本語と英語の違いを一通り纏めておきました。まずはこれを読んで、英語の特長を理解して頂ければと思います。

日本語と英語の違いを知ろう

早速ですが、日本語と英語の主な違いは3つあります。

  1. 語順の違い
  2. 発音の違い
  3. 文化の違い

単語を英語に置き換えただけでは話せるようにならないのは、上記の違いがあるためです。それぞれについて、見ていきましょう。

①語順の違い

リーディング

英会話を学ぶ上で障害となるのが、日本語と英語で誤順が異なるということです。実際に例を見ると分かりやすいでしょう。例えば日本語で、「私はあなたが好きです」という文があれば、「あなたが好きです。私は。」、「好きです。私はあなたが。」と、同順番を変えても意味は正しく通じます。しかし、英語だと 「I love you.」という順番で言わないといけません。「You love I.」や「Love I you.」では伝える内容が変わったり、意味が通じなくなったりしてしまいます。

くろ

単に単語を置き換えれば良いという訳ではないんだね。
その通り。

しろ

この例からもわかる通り、英語は必ず主語、同時の順番にして、その後に目的語や補語が続きます。英語とは語の順番で意味を伝える言語である、という感覚を持つことが大事です。日本語は「てにをは」の流れでコントロールしていきますが、英語は単語を並べていくことで流れをコントロールしていきます。詳細については、下記の記事をご覧ください。

日本語と英語は語順が違う?英語の語順で理解するコツを紹介!

②発音の違い

発音

日本人が最も苦手としているのが、この発音です。確かにネイティブ並みの発音に近づけるには多大な労力が必要になりますが、カタカナ発音に開き直るとリスニングが聞き取れないという別の問題が立ちはだかります。とはいえ、安心してください。日本語と英語の発音の違いを理解することで、大きく改善させることができます。

くろ

発音の違いって何?
音の出し方に違いがあるよ。

しろ

日本語は一音一音が切れて聞こえます。正確には、切れているというよりも切っていると言った方が正確かもしれません。楽器で言うと打楽器です。しかし、外国人は絶えず音を出し(息を吐き)ながら、口の形を変形して、音を変えています。なので、切れ目がどこにもなく、一音一音が繋がって聞こえます。楽器だと管楽器になります。詳細については、下記の記事をご覧ください。

日本語と英語は発音が違う?独学で発音が上達するコツ!

③文化の違い

英語

文化が違うと、単語の意味や物事の捉え方が変わってきます。その結果、1つの単語に複数の意味があったり、逆に複数の単語で説明できたりするので、単語を学ぶのが大変だと思ったことはないでしょうか。このように、日本語と英語では、単語の意味や物事の捉え方が完全には一致しません。

くろ

haveとかgetとかmakeとか、色々な意味があるよね。
日本語にあって英語にない言葉もあるよ。

しろ

例えば、英語には姉や妹に当たる言葉がありません。姉だろうが妹だろうがsistarである、というのが外国人の発想です。しかしながら、日本は年齢を気にする文化なので、姉か妹かを明示する必要が出てきます。詳細については、下記の記事をご覧ください。

日本語と英語は文化が違う?単語から見る文化の違いとは!

なぜ、3つの違いが重要なのか

日本語と英語の違いで最も重要なのが、語順の違いです。文法や単語をいくら勉強したとしても、語順の違いが身に付かなければ、英語を話せるようにはなりません。また、語順を身に付ければ英語を話せるようにはなりますが、正しく伝えたり聞いたりするためには、この発音の違いも理解する必要ですし、文化の違いを理解しないと、不自然な英語や話し方を覚えてしまいがちです。

くろ

確かに、どの違いも重要だね。
どれか1つでも欠けることはできないよ。

しろ

上記で見た通り、英語を話すためにはそれぞれの違いを理解することが重要です。逆に、これらが身に付けば、英語が話せるは近いと言えます。これを忘れないようにして、英会話の勉強をはじめて貰えればと思います。

日本語と英語の違い!まとめ

日本語と英語の違いを3つ紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。最初に日本語と英語の違いを理解することで、効率的に英会話の勉強ができるようになりますので、覚えておいて貰えればと思います。

引き続き、違いの1つである語順について見ていきましょう。