英会話の応用は高校英単語?初心者におすすめの暗記術や勉強法

高校英単語で英会話の脱初心者を目指そう

英会話初心者の方が基礎を固めた後にオンライン英会話などでアウトプットを行うと、今までのインプットだけではまだまだ力不足を感じることもあるかと思います。その段階になって取り組むべきなのが、高校英単語を復習することです。

英会話初心者の方にとっての基礎は中学英単語ですので、最初から高校英単語に取り組む必要はありません。しかしながら、ある程度のレベルに達した後は、高校英単語に取り組むことで、英会話力を向上させることができるようになります。

そこで今回は英会話初心者の方向けに、高校英単語の暗記術や勉強法について紹介していきます。

なお、中学英単語に関する記事はこちらになります。英会話の勉強を始めたばかりの方は、先にこちらを見るようにしてください。
英会話の基礎は中学英単語?初心者におすすめの暗記術や勉強法

高校英単語の概要

野球においてルールや、バッティングやピッチングのやり方を知らなければプレーができないように、まずは基本のルールややり方を知る必要があります。

MEMO
英会話における基本的なルールややり方とは、いわゆる英文法になります。しかしながら、ルールを理解しただけでは良いプレーができないように、筋力や体力トレーニングを通じて基礎力を高める必要があります。そのトレーニングが英単語になります。

なぜ高校英単語が重要なのか

理由

英語を話す上で一番重要なのが、語順のルールを身に付けることですが、それを身に付けた後は使える単語を増やしていくことによって、話せる表現を大幅に増やしていくことが可能です。

くろ

まるで、スポーツにおける筋トレみたいだね。
必須ではないけど、あると色々なことができるようになるよ。

しろ

大学受験に必要な英単語は約8,000〜12,000語と言われていますが、これらを覚えることにより、日常英会話で出てくる単語の9割をカバーできると言われています。

高校英単語を身に付けることで得られる効果

瞬間英作文

高校英単語を通じて、下記を復習することができます。

  • 複数の使い方がある動詞を学ぶことができる。
  • 名詞、形容詞、副詞の表現を増やすことができる。

くろ

どちらかといえば、応用的なのかな。
表現力をつけていくイメージになるね。

しろ

基本的な英文は中学英単語でまかなうことができますが、高校英単語を学ぶことで使える表現の幅を増やすことができるようになります。基本的な英文を話せるようになった後、少しずつ覚えていくと良いでしょう。

英会話において必要な単語とは

高校英単語を復習するといっても、英会話において重要なポイントは試験に出てくるような単語を暗記することではありません。では、どういった部分がポイントになるのか、詳しく見ていきましょう。

多義語を理解しよう

英語

中学英単語と高校英単語の大きな違いの1つは、多義語が含まれることです。多義語とは、その名の通り1つの単語に複数の意味を持つものです。中には全く違う意味を持つものもおり、暗記に苦労されている方も多いのでは無いでしょうか。

くろ

大学受験の時にかなり苦労したよ。
無理に覚える必要は無いけど、動詞に関しては理解しておきたいかな。

しろ

全ての意味を正確に把握することはなかなか難しいかと思いますので、最初に動詞から理解していくのをおすすめします。動詞は文の構造を決める重要な位置づけであり、複数の意味を持つことも多いため、この部分を理解することができれば、表現の幅は大幅に増えるでしょう。

熟語を理解しよう

リーディング

多義語と同様、熟語に苦労されている方も多いかと思います。確かに熟語は知らなくても良い場面は多いのですが、逆に知らないと全く言葉にできないといった場面も多々発生してしまいがちです。

くろ

これも受験で苦労させられたね。
前置詞をマスターすれば、少しは楽になるよ。

しろ

熟語を覚えるコツは、特に前置詞が含まれる場合は、前置詞のイメージを正確に理解することです。イメージを正確に理解すれば、初めて見る熟語でも意味をそれほど取り間違えることは少なくなりますし、記憶の定着にも有効です。

使い方を理解しよう

注意

すでに英会話のアウトプットを始めた皆さんであれば理解できると思いますが、単語は意味を覚えることも重要ですが、それ以上に使い方を覚えることが重要です。

くろ

使い方って、どういうこと?
どんな文型をとるとか、同じ意味で説明するものによって使い分けたりすることだよ。

しろ

特に動詞に関しては、どういった文型をとるかを理解しなければ、意味を覚えても使えるようにはなりません。意味だけでなく、使い方を覚えることを意識するようにしてください。

おすすめの暗記術や勉強法

効果的に高校英単語の復習を行うには、いくつか意識して頂きたいポイントがあります。それらについて、見ていきましょう。

繰り返しやろう

練習

高校英単語を復習する上で重要なのが、繰り返しやることです。単語は筋トレと同じで、すぐに使えるようにはなりません。何度も繰り返すことによって、自然と使えるようになってきます。

くろ

大変だけど、仕方ないね。
こればっかりは、そうだね。

しろ

時間はかかるかと思いますので、アウトプットを行いながら、並行して筋トレを行うようなイメージでコツコツ取り組んで貰えればと思います。

イメージで覚えよう

網羅

単語の暗記というと、暗記カードのような単語と意味をセットで覚えるのをイメージされる方は多いかと思います。しかしながら、単語を暗記する際は、イメージで単語を覚えるようにしてください。

くろ

イメージで単語を覚えるって、どういうこと?
実物(の画像)を見ながら、単語を覚えることだよ。

しろ

我々が初めてりんごという単語を覚えた時は、おそらくりんごの実物(またはイメージ)を見て覚えたと思います。ですので、イメージで単語を覚えるのは、普通のことです。これを行うと、間に日本語を挟まずに単語を理解できるようになりますので、是非やって貰えればと思います。

英会話の応用:高校英単語のまとめ

高校英単語の復習については以上になりますが、いかがでしたでしょうか。高校英単語を覚えると英会話の表現がぐっと増えますので、しっかり復習して貰えればと思います。

とはいえ、重要なのは自分のレベルにあった内容で復習を行うことです。おすすめの本やそれぞれの難易度については、次の記事で紹介していますので、参考にしてください。