英会話とは?初心者向けに上達のコツやポイントを簡単に紹介!

英会話と聞くと、なんだか難しいイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。しかし、実はそんなこともありません。正しいやり方を継続すれば、誰にでもできるようになります。

そこで、この記事では、英会話とは何か、何からはじめれば良いか、を一通り纏めておきました。まずはこれを読んで、英会話の全体像を捉えて頂ければと思います。

英会話とは?その仕組みを解説!

それでは、まずは英会話の超基本講座として、下記の内容を説明について説明していきます。

  • 試験英語と英会話の違いとは
  • 試験英語がもたらす弊害とは
  • 英会話を始めるための流れは
  • 英会話に必要な準備物は

試験英語の実用英語の違い

試験英語

我々日本人は、中高合わせて6年間、大学なども含めると、それ以上の時間をかけて英語を勉強してきました。しかしながら、学校教育だけで英語を話せるようになった人は見たことがありません。それはなぜなのでしょうか。

くろ

英語なら中高で学んできたよね。
中高で学んできた英語は読みのための英語であって、英会話とは違うよ。

しろ

  • 「次の英語を日本語訳に直しなさい」
  • 「次の選択肢の中で正しい選択肢を選びなさい」

学校で受けてきた試験や団体の資格試験で見てきたのは、こんな問題ばかりではないでしょうか。なぜなら、日本の教育は読みを中心として行われています。背景として、戦後まで外国人と話す必要がなく、書物を英語から日本語に翻訳して、経済の発展に役立てていたという理由があります。

注意
そのため、日本の英語教育は、英語を使ってコミュニケーションを取ることではなく、外国人が書いたものを理解することがゴールになっていました。学校で学んできた英語と英会話は、別物だと理解してください。

試験英語がもたらす弊害

弊害

このこと自体は致し方ないことなのですが、英会話を学ぶ上で障害となるのが、一語一語頭から順に処理できない頭になっていることです。

くろ

ん、どういうこと?
後ろから訳していく、いわゆる返り読みのことだね。

しろ

ただし、この理解方法は文字があるからこそできる芸当であって、文字がないリスニングや前から言葉を伝えなければならないスピーキングの前では無力です。そのため、文字だけで英語を理解してきた日本人は、リスニングでもまず頭のなかで文字起こしをして、後ろから日本語訳をかけているのでスピードに追いつくことができず、スピーキングにおいては全く言葉が出てこない状態になってしまうのです。

MEMO
そのため、英会話を学ぶ上で重要となるのが、英語の語順のルールを理解し、英語の語順のまま意味や構造を捉えることになります。

英会話をはじめるための流れ

それでは、英語が話せるようになるための流れを解説していきます。簡単にその流れを紹介させてもらうと、以下のStepになります。

  • Step.1
    英会話とは何かを知ろう
    英会話のポイントやコツを理解しましょう。
  • Step.2
    英会話のルールを知ろう
    中学英語を通じて、英語の語順を理解しましょう。
  • Step.3
    英会話の練習をしよう
    基礎トレーニングを通じて、英語の語順を馴染ませましょう。
  • Step.4
    英会話の実践をしよう
    実践トレーニングを通じて、英語の語順をマスターしましょう。
  • Step.5
    英会話の筋トレをしよう
    高校英語を通じて、表現力を高めましょう。

英会話を始めるなら、最初に英会話について深く知る必要があります。その後、英会話のルールを知り、練習して、実践するという流れです。また、合わせて英会話の筋力・体力を向上させていきます。この流れで実践して行くのが、英語が話せるようになるための最短ルートだと言えるでしょう。

英会話に必要な準備物

準備物

実は、英会話を勉強する障壁は実は年々低くなっています。なぜかといえば、様々なサービスのおかげで、パソコン1台(スマホでも可)&元手5万円(書籍代・スクール代etc)もあれば、誰でも英会話を学ぶことができるのです。

くろ

え、本当にそれだけで良いの?
正しいやり方で勉強すれば、これだけで大丈夫だよ。

しろ

パソコンまたはスマホとお金と以外に必要な”物”は基本的にありません。他に準備して頂く物があるとすれば、”時間”と”やる気”だけです。成果を出すにはまとまった勉強時間は必要ですし、それを継続するやる気も大事です。それさえあれば、他に必要なものは少ないと言えるでしょう。

英会話の勉強を始める前に知っておくべきこと

早速、英会話の勉強を始めましょうと言いたいところですが、その前に知っておくべきことがいくつかあります。中でも、重要なポイントは下記になります。

  1. 英語を話すために必要な要素とは
  2. 日本語と英語の違いとは
  3. 勉強におけるポイントやコツとは

①英語を話すために必要な要素とは

瞬間英作文

まず最初に、初心者が英語を話すためには、どのようなことを行えばよいかを見ていきましょう。英語を話すために必要な要素は、次の3つになります。

  • モチベーションややる気を明確にすること
  • 時間や期間を確保すること
  • 正しいやり方や勉強法で勉強すること

くろ

確かに、どの要素も重要そうだね。
逆に、特別な経験や能力、また金銭的な負担は必要ないとも言えるよ。

しろ

初心者の方が英語を話すためには、どの要素も必要不可欠と言えますし、逆に言えば、これ以外の要素は不要と言っても過言ではありません。詳細については、下記の記事をご覧ください。

初心者が英会話を始める上で大事なこととは?必要な3つのポイント

②日本語と英語の違いとは

翻訳

英会話を学ぶ上で、日本語と英語の違いをしっかり理解しておくことは重要です。日本語と英語の違いを把握することで、日本人が躓きやすいポイントを意識し、改善しやすくすることができるようになります。日本語と英語の主な違いは3つあります。

  • 語順が異なる
  • 発音が異なる
  • 文化が異なる

くろ

日本語と英語は全く違う言葉と考えておいた方が良さそうだね。
学校教育の英語だけでは、上記の違いを克服することが難しいんだよ。

しろ

日本語と英語では上記の違いがあるため、単に単語を英語に置き換えても、英語を話せるようにはなりません。英語を話すためには、上記の違いを理解した上で、克服するためのトレーニングを行う必要があります。詳細については、下記の記事をご覧ください。

英会話の勉強を始める前に日本語と英語の3つの違いを知ろう!

③英会話の勉強におけるポイントやコツとは

準備

英会話を学ぶ上では、英語を話すようになるための流れやステップ、全体像といった戦略面だけでなく、具体的にどうやって勉強するのかといった戦術面でもコツがあります。これらを知っておくことで、いざ英会話の勉強をしようとなった際に、効率的に勉強することができるようになります。勉強のポイントやコツは、次の3つになります。

  • 目標(目的地)を明確にする
  • 実力(現在地)を明確にする
  • 効率的な時間の使い方を知る
  • 効率的な記憶のやり方を知る

英会話を勉強した後の理想の姿と現状を把握した上で、その差を埋めるために必要となるのが勉強になりますが、効率的に行うには、記憶のやり方と時間の使い方を知る必要があります。それぞれについて、見ていきましょう。詳細については、下記の記事をご覧ください。

知らないと後悔?初心者向けに英会話を勉強する4つのコツを紹介!

Step1:英会話とは何かを知ろう!まとめ

これでStep1の「英会話とは何かを知ろう!」は終わりとなります。なんとなく、英会話のイメージは掴んで頂けたのではないでしょうか。

それでは、Step2の「英会話のルールを知ろう!」に進みましょう。