どんどん話すための瞬間英作文の効果と使い方:スラスラとの違いは?

英会話初心者の方が、瞬間英作文をトレーニングするための教材を探そうと書店に行くと、様々な瞬間英作文本や教材があることが分かります。その中の1つであるどんどん話すための瞬間英作文という本に、興味を持った方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで、この講座では、どんどん話すための瞬間英作文の特長について纏めさせて頂きました。英会話を学ぶためにどんどん話すための瞬間英作文に興味を持った方や購入した方は、この講座を見て、効果的な使い方や勉強法を知って貰えればと思います。

どんどん話すための瞬間英作文の概要

この本・教材の評価
文型の網羅性
(4.5)
単語の簡単さ
(5.0)
例文の自然さ
(3.0)
例文の実用さ
(3.0)
総合評価
(3.5)

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングはいくつかのシリーズに分かれており、現在では下記6つの本が販売されています。

  • どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
  • おかわり!どんどん話すための瞬間英作文トレーニング
  • スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング
  • おかわり!スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング
  • ポンポン話すための瞬間英作文パターン・プラクティス
  • バンバン話すための瞬間英作文「基本動詞」トレーニング

それぞれについて、詳細を見ていきましょう。

どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは、瞬間英作文シリーズの中でも1冊目の本になります。基本的な文型別に瞬間英作文トレーニングを行うことができ、基本的な文型を身につける第1フェーズ向けの瞬間英作文本になります。

くろ

ということは、1番最初に取り組むのが良いのかな。
実は、この後に紹介するおかわり!から取り組むのをおすすめするよ。

しろ

1冊目の本ということもあり、いくつか改善すべき点もあるのも事実です。この後に紹介するおかわり!の方が後に発売されたということもあり、同じような内容でありながらも解説の少なさなどが改善されているため、初心者の方にはおかわり!から取り組むことをおすすめします。

おかわり!どんどん話すための瞬間英作文トレーニング

おかわり!どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは、文型別の第1フェーズのトレーニング量を増やしたいという方向けに後から作られた本です。解説の量や難易度の調整などがされているため、初めて瞬間英作文トレーニングに取り組む方は、こちらから取り組むことをおすすめします。

くろ

これが1番最初に取り組むべき本なんだね。
そうだね。

しろ

先におかわり!から取り組む上でのデメリットは特にありません。おかわり!からはじめて、よりトレーニング量を増やしたいという方のみどんどん話すための瞬間英作文トレーニングにも取り組むと良いでしょう。

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニングは、文型がシャッフルされた状態で瞬間英作文トレーニングを行うことがでます。身につけた文型を使いこなすようにするための第2フェーズ向けの瞬間英作文本になります。

くろ

これもおかわり!から始めた方が良いのかな。
スラスラの方が特にその傾向が強いね。

しろ

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニングも古い本ということがあり、後半になると実用的でない例文が散見されるのも事実です。この後に紹介するおかわり!の方が後に発売されたということもあり、同じような内容でありながらも不自然な例文が改善されているため、初心者の方にはおかわり!から取り組むことをおすすめします。

おかわり!スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング

おかわり!スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニングは、文型がシャッフルされた第2フェーズのトレーニング量を増やしたいという方向けに後から作られた本です。こちらもどんどんシリーズと同様ですが、特に後半に不自然な例文が散見されるため、おかわり!から取り組むことをおすすめします。

くろ

後半の方の本が基本的に良いんだね。
基本はおかわり!から始めた方が良いよ。

しろ

どんどんシリーズと同様、先におかわり!から取り組む上でのデメリットは特にありません。おかわり!からはじめて、よりトレーニング量を増やしたいという方のみスラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニングにも取り組むと良いでしょう。

ポンポン話すための瞬間英作文パターン・プラクティス

ポンポン話すための瞬間英作文 パターン・プラクティスは、どんどんと同じシリーズではあるものの、どんどんやスラスラでのように1文1文を英作文していく方法ではあまり効果が出なかった人向けに、単語や表現を置き換えながら、徐々に複雑な表現が言えるように工夫されています。

くろ

それなら、先にポンポンから始めれば良いのかな。
実は、そうとも言えないんだよね。

しろ

このようなやり方が肌に合う方もいるかとは思いますが、語順よりも単語に意識が向いてしまいがちですので、あまりおすすめはしていません。どんどんやポンポンに取り組んだ方であれば、あえて取り組む必要は無いと言えるでしょう。

バンバン話すための瞬間英作文「基本動詞」トレーニング

バンバン話すための瞬間英作文「基本動詞」トレーニングは、動詞にフォーカスして様々な表現をトレーニングしていくことができます。ある程度基礎が身に付けた方にとっては、非常に効果的なトレーニングと言えるでしょう。

くろ

takeとかgetとかhaveとか、色々な意味を持つ動詞が多いよね。
基本動詞を身につけると、難しい動詞を覚える必要がなくなるよ。

しろ

瞬間英作文シリーズの中でも1番最後に販売された本になるため、それまでのシリーズ中に見られた不自然な表現や言い回しが改善されているのも良い点と言えるでしょう。

どんどん・スラスラ・おかわりの違いは

上記でも様々な瞬間英作文シリーズを紹介しましたが、どの本をやれば良いのか迷ってしまう方も多いと思います。そこで、それぞれのシリーズの特長や違いについて、纏めておきたいと思います。

どんどんとスラスラの違いは

スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニングは、どんどん話すための瞬間英作文トレーニングの次のStepの教材にあたり、例文が文型別ではなく、シャッフルされた状態で掲載されています。

くろ

それなら、どんどんの後に取り組むと良いんだね。
そういうことになるね。

しろ

注意する点としては、後述するおかわり!スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニングより難易度が高く、特に後半になると試験英語的で実用的でない例文が散見されます。おかわり!でも同じ効果を得ることはできますので、肌に合う方を選んで貰えればと思います。

どんどんとおかわりの違いは

おかわりはどんどんとスラスラの2つに用意されており、構成や内容は通常版と同様の形で取り組むことができ、より多くのトレーニングを行うことが可能になっています。

くろ

さすがに有名なシリーズだけあるね。
自分に合うなら、どんどんおかわりしていこう。

しろ

特長としては、通常版よりも後に販売された形になるため、構成や例文、単語など、様々な点が洗練されており、通常版よりも使いやすさが増しているという点です。通常版をやらずにおかわりだけという使い方も良いと思いますし、特にスラスラに関しては別物と言っても良い内容のため、おかわりを優先して使うと良いでしょう。

どんどん話すための瞬間英作文のおすすめする点

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングのおすすめする点は、下記になります。

文型・単語レベルが易しい

簡単

他の瞬間英作文本は文法書や表現集の役割も担わされていることも多く、簡単な文型を何度も繰り返して身につけるということに集中しにくい場面が少なくありません。どんどん話すための瞬間英作文トレーニングはこの問題を解決するため、学校で英語を学んだ人が知らないような文型や単語がないように作られており、スムーズに練習を行うことが可能です。

くろ

簡単なことは、良いことだね。
レベルとしては、まさに中学レベルだね。

しろ

簡単といえども、中学レベルの文型と単語は網羅されています。そのため、会話に必要な部分を網羅的に学習することが可能になっています。

基本的な語順の習得に集中できる

基礎

上記と関連しますが、一般的な瞬間英作文本や教材の場合、語順とは関係のない単語のレベルが高かったり、熟語や慣用表現が含まれていたり、1つの例文に複数の文型が含まれていたりと、英語の語順以外に意識が向いてしまうのですが、どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは、基本的な語順を身に付けることにフォーカスされていると言えます。

くろ

それは助かるね。
語順以外に、余計なことを考える必要が無いよ。

しろ

また、掲載されている内容も少なすぎず多すぎず、英語を話すという目的から考えた場合、身に付けるべき語順が必要十分な範囲が記載されていると言えます。他の瞬間英作文本の場合、少なすぎたり多すぎたりするため、この点もメリットと言えるでしょう。

練習量を多く確保できる

練習

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングはシリーズが多く、数多くの練習ができるようになっているという点もメリットと言えるでしょう。英語の語順を身に付ける上で、同じ動作を何度も繰り返すというのは、重要なポイントになります。

くろ

やっぱり、練習量はこなさないといけないよね。
最初は数をこなすことが大事だよ。

しろ

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングのシリーズはここで紹介している以外にも多くの種類があり、それらを合わせることで更に数多くの練習をこなせるようになっています。特に初心者の方は、数多くの練習をこなすことを心がけてください。

どんどん話すための瞬間英作文のおすすめしない点

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングのおすすめしない点は、下記になります。

例文が教科書的で実用的でない

解説

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングの問題点の1つが、使われている内容が中学教科書に出てくるようなものばかりで、実際の日常会話に出てくるようなものでは無いということです。実際に使うものではないので、モチベーション高くトレーニングを行うことが難しいと言えます。

くろ

確かに、教科書に出てくるような表現ばかりだね。
英語のレベルが中学レベルであることは重要だけど、内容まで合わせる必要は無いんだよね。

しろ

確かに、英会話は中学レベルの英語で十分話すことができますが、中学教科書の内容をそのままトレーニングする必要はありません。難易度は中学レベルでありながらも、内容は実際の会話をベースとしたものであることが重要と言えるでしょう。

例文が直訳すぎて不自然である

難しい

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは、基本的な文型を身に付けることを重視しすぎてしまったため、例文が直訳すぎるものがあります。直訳のメリットとして瞬間英作文のトレーニングがしやすいというものがありますが、デメリットとして特定パターンの日本語でないと反応できず、実際の会話では使えるようにはならないということです。

くろ

瞬間英作文はできるけど、実際の会話では使えないということ?
限られた状況ではできるけど、汎用性がないイメージかな。

しろ

例えば、現在完了を例に取ると、「したことがある(経験)」「ずっとしています(継続)」「すでにしてしまった(完了)」など、特定の表現であれば瞬間英作文できるようになるのですが、そうでない場合反応できません。そして、日本語には現在完了という考え方がないため、普段から上記のような表現をあまりすることがなく、結果として日本語が出てこない、あるいは時間がかかるため、会話では使えないという状態になってしまうのです。

英文に不自然な言い回しが多い

通じない

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは、英文がネイティブが話すような英文ではなく、日本人が話しそうな言い回しになっていることも問題となります。ネイティブであれば、日本人が苦手な前置詞を使って簡単に話しそうな部分を、関係詞や接続詞を使って回りくどく話しているような印象です。

くろ

日本人が英作文すると、こういった表現になるという感じだね。
編集にネイティブが関わっていないもの問題かもね。

しろ

確かに、文法的には正しいのですが、ネイティブの発想からすると違和感を感じる文章が多いと言えます。試験の英作文対策として良いかもしれませんが、会話という観点で考えると、あまり好ましくないと言えるでしょう。

どんどん話すための瞬間英作文をおすすすめする方

以上のような特長を踏まえた上で、どんどん話すための瞬間英作文トレーニングをおすすすめする方は下記になります。

  • 中学生や高校生の方
  • 試験英語の勉強が好きな方
  • 簡単かつ必要な文型を網羅的に学びたいという方

くろ

簡単なのは良いことだね。
とは言え、どちらかと言えば、試験英語に慣れている方向けかな。

しろ

上記に当てはまる方は、どんどん話すための瞬間英作文トレーニングに取り組むことをおすすめします。

どんどん話すための瞬間英作文の使い方のコツ

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは良い点があるものの、少し古い本ということもあり、注意すべきポイントなども数多くあります。それらについて述べていきたいと思います。

なお、瞬間英作文トレーニング自体のやり方やコツについては、下記の記事をご覧ください。
瞬間英作文が難しい?初心者向けにトレーニングのやり方を紹介!

アプリを活用しよう

アプリ

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングはアプリがあり、こちらを活用することでより効果的にトレーニングを行うことが可能です。アプリを活用するメリットは下記の通りです。

  • ログ管理機能を利用し、何回繰り返したかなどを管理することができる。
  • できた例文はフラグを立てることで、できていない例文のみ表示することができ、効率的に学習することができる。
  • 制限時間を設けることで、スピードを意識しながら学習することができる。
  • 移動中などもスマホ1台でトレーニングすることができる。

くろ

勉強のやり方も、昔とはだいぶ変わってきたね。
便利なものはどんどん活用していこう!

しろ

アプリを購入すれば、本を購入する必要はありません。アプリを活用するメリットは大きく、抵抗が無い方はアプリを活用することをおすすめします。

第3ステージのトレーニングは不要

不要

どんどんシリーズでは、第1フェーズで文型別にトレーニングを行い、第2フェーズで文型をシャッフルしてトレーニングを行い、第3フェーズで複数の文型を組み合わせたトレーニングを行いますが、第3ステージを無理に取り組む必要はありません。

くろ

それだと複雑なことが説明できないんじゃない。
短文を組み合わせることで、説明することは可能だよ。

しろ

実際にやってみると分かると思うのですが、英語の語順に慣れない日本人にとって、無理に複文で表現することは困難です。短文を繋げれば、説明することは十分に可能ですので、1つの長い文章を話すよりも、いくつかの短い文章を繋ぐイメージで考えて貰えればと思います。

場面別の瞬間英作文本に取り組もう

場面

おかわり!スラスラ話すための瞬間英作文は単に文型をシャッフルしただけのため、挨拶などの基本的な場面を網羅した瞬間英作文本を別に取り組まないと、実際の場面で英語を話すのは難しいと思います。

くろ

単に文型をシャッフルするだけでは、意味が無いということかな。
会話で効果的な表現を学ぶ必要があるよ。

しろ

どんどん話すための瞬間英作文トレーニングは中学の教科書を意識して作られているため、実際の日常生活やビジネスからは離れていることが多いです。基本文型を学ぶには良いですが、あくまで実際に使うためにトレーニングを行っているため、この部分は別の瞬間英作文本で補うようにしましょう。

どんどん話すための瞬間英作文まとめ

どんどんシリーズの特長については、以上です。

必要な部分は纏められていますので、該当する方はどんどん話すための瞬間英作文トレーニングでトレーニングしましょう。基本を積み重ねることで英語が話せるようになることを実感できるようになると思いますよ。

また、どんどん話すための瞬間英作文トレーニング以外にもおすすめの瞬間英作文本・教材があるため、個々のレベルや目的に応じて、最適なものを選ぶようにしてください。特におすすめできるものに関しては、下記の記事をご覧ください。

英会話初心者におすすめの瞬間英作文教材15選