「Step4:英会話の実践」の記事一覧

野球においては、基本的なフォーム(型)を身に付けた後、より複雑なボールを投げたり、打ったりして、実戦形式の練習を増やしていくことになるかと思いますが、英会話も同様に実践を意識してより複雑な会話をアウトプットしていくことになります。

アウトプットのやり方は4つあります。スピーキング、ライティング、リスニング、リーニングの4つです。それぞれの英会話を学ぶ目的や状況に合わせて、必要な部分を強化していってください。